MENU

歯周病治療

歯周病により腫れた歯ぐきでも、できるだけ早期に歯周病の原因を取り除くことで健康な歯ぐきへと回復します。
ご自身の歯ができる限り残るよう患者様と一緒に最善のゴールを目指します。

歯周病とは

歯周病とは、歯の周りにある歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯ぐきが腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気のことを言います。
腫れた歯ぐきでも、早期に歯周病の原因を取り除くことで健康な歯ぐきへと回復します。
患者様と当院が力を合わせ、ご自身の歯ができる限り残るように最善のゴールを目指します。
歯周病は、生活環境の変化により悪化することが多い疾患です。
治療後も歯ぐきの変化を見逃さず、お口の良い状態を保てるようにサポートしていきます。

歯周病セルフチェック

  • 歯ぐきがピンクではなく、赤い色をしている
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯を磨くと出血する
  • 口の中がねばねばしている
  • 歯が浮く感じがする
  • 歯が長くなった気がする
  • 口臭がある
  • 硬いものが噛みにくくなった
  • 歯ぐきを押すと膿がでることがある
  • 歯がグラグラする

歯周病の基本治療

治療方法では歯周病の原因になるプラークを排除して歯周組織の炎症をある程度まで改善します。
また、その後の歯周治療の効果高め、成功に導くための基本的な原因除去を行います。
プラークコントロール・スケーリング・ルートプレーニング・咬合調整・抜歯などの治療方法があります。

プラークコントロール

歯垢の除去をプラークコントロールといい、通常は歯ブラシや歯間ブラシ、フロスなどを使って機械的清掃を行います。補助的に、うがい薬のような消毒剤をつかって化学的清掃を行います。

スケーリング

スケーリングは歯肉より上の見えているところの歯石を器械で取除くことです。歯石はプラークが石灰化したもので、表面はざらざらでプラークが付着しやすい構造です。スケーリングによりプラークコントロールがしやすくなります。

ルートプレーニング

ルートプレーニングは歯肉によりかくれている歯根の表面の歯石や細菌が入り込んだセメント質をとりのぞき、<歯根の表面をつるつるにすることです。これをすることで、歯肉の炎症をとりのぞき歯根表面へ歯肉をくっつけることができます。

咬合調整

歯周病の進行に伴い歯は動いてきますが、動いている歯で噛むとさらに負担が増すため、その負担を軽くするために歯を削るなどして咬み合わせの調整を行います。それでもグラグラして噛みづらい場合は歯科用の透明な接着剤を使います。歯が動きにくくなるため、一見よくなったように見えますが、そのままケアしないでおくとかえって歯周病が進行してしまう場合があるので、定期的な観察が必要です。

外科治療

歯周ポケットの深さを調整する手術

基本治療で一部ポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングで除去できない状態や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。
また、特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行う場合もあります。
手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。
ポケットが改善されれば、メインテナンスに移行します。

©2019 たかだ歯科医院